スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン竜王戦2017 39位】王様ロックメタビート

先日開催された竜王戦が非常に楽しいルールだったので記事を書くことにした。
この記事で今後の竜王戦の共通認識の幅が広がり、よりレベルの高い対戦が出来ればいいなと思っている。


SnapCrab_NoName_2017-12-4_0-41-43_No-00.png
戦績:32-13 最終1727 39位



私的竜王戦キャラランク(これを前提に構築を組んでいる。)
S+
レックウザ 日食ネクロズマ
S
ルナアーラ グラードン カイオーガ イベルタル
A
それ以外の伝説
バルジーナ ポリゴン2
ミミッキュ

S+.......環境に大きな影響を与え、
ほぼ全てのプレイヤーがメタ意識を持って尚強いポケモン。
一般枠を寄せ付けず、禁止伝説に強い。

S......一般枠では到底太刀打ち出来ない、"もしくは"S+に対して有利を取れる禁止伝説のポケモン。

A......その他の禁止伝説と、S+に対抗する可能性を秘めた一般枠
赤文字......レックウザが不利を取る伝説のポケモン



【コンセプト】
今回は普段のレートよりも高い勝率を出すことが求められるため、
格下に負けない、上位に7割勝つ。
をコンセプトに、この並びをデザインした。

ほとんどの一般枠と禁止伝説に対して圧倒的な強さを持つレックウザの選出率を最大限に引き伸ばし、
環境トップの並びに対してメタ要素の強いポケモンを複数体用意することで
コンセプトの実現を図った。




 Pokémonsprite_384m1_ORAS
レックウザ@おうじゃのしるし

特性:エアロック→デルタストリーム

実数値(努力値):181(4)-232(252)-120-180(‐)-120-183(252+)
技構成:ガリョウテンセイ/オーバーヒート/なげつける/りゅうのまい
備考
・オーバーヒートで157メガクチート高乱数1発


構築の要。選出率は100%

王者の印レックウザは竜王戦環境において非常に大きな存在であり、ミミッキュで止まらないという特徴は
レックウザをUネクロズマと同等か、それ以上の地位まで押し上げた。
この型を知っているかどうかで、今回の大会は人によって全く違う景色が見えていたと思う。

印レックの場合、通常のレックと比較して、
ミミッキュ、ルナアーラ、襷ポケモン
との相性がひっくり返ってしまうため、知らない人はなすすべなく蹂躙されていた。

基本的には後述のミミッキュで壁となる鋼を削り、襷カバルドンのあくびで展開、龍舞ガリョウで全抜きを狙う。
耐久はメガガルーラと完全に一致しており、デルタストリームの存在もあり
禁止伝説のものも含めてほとんどの攻撃を一発耐えるため、舞える機会は非常に多い。

オーバーヒートの火力は下降補正をかけてなおクチートを吹き飛ばす火力があり、
投げつけるを絡めればメタグロスですら何もさせず倒すことができる。
Vジェネレートと選択だったが、ガリョウを打たずにポケモンを倒したい時が少なくなく、全抜きを狙うこの型は、こちらで正解だったと思う。

とにかく投げつけるが強力で、この型以外のレックウザを使いたいと思わない程であった。
あまりに強いので通常のシングルで流用できないか某氏と考えたが、レックウザの数字だから成せる業であると再認識させられた。





Pokémonsprite_450_XY
カバルドン@きあいのタスキ

特性:すなおこし

実数値(努力値):215(252)-133(4)-187(252+)-*(‐)-92-67
技構成:じしん/あくび/ステルスロック/がんせきふうじ

レックウザのサポートの役割を担うカバルドン。この環境においてHDカバルドンは数字が足りておらず、
場を整えてレックウザにつなぐ役割を持っているカバルドンが即死すると、ゲームが終わってしまうので襷で採用した。
私が竜王戦でのカバルドンはほぼ襷一択だと考えているほど襷の発動率は高く、
レックウザの苦手なトリル展開へのカウンターとして非常に役立った。

カプコケコに対しても役割を持っているので、この構築では他のあくび持ちより優先して入ってきた。
B方面が高いのも偉いのだが、ボーマンダの起点になりかけたりなど
危ない試合もチラチラ見えたのでAに振ってもいいのかもしれない。






Pokémonsprite_233_XY
ポリゴン2@しんかのきせき

特性:ダウンロード

実数値(努力値):191(244)-*(‐)-110-172(252+)-115-82(12)
技構成:れいとうビーム/シャドーボール/めざめるパワー炎/トリックルーム

ポリゴン2というポケモンは大抵のポケモンの攻撃を耐えつつ、
トリックルームによるカウンター、侮れない火力も備えており、一般枠の中では入れ得なポケモンであったと思う。

このルールで受けという概念は成立しないと考えたため、自己再生を採用せず、範囲を取ることを優先した。
PT全体が遅めかつトリルのターンを自在に制御できるので、レックウザを選出していても特に困ることはなかった。

このPTは前述のカバルドンの襷がなくなると厳しい展開になることが少なくなく、
”カバルドンに刺さるステルスロック持ち”を狩る非常に大きな役割を持っていた。





Pokémonsprite_730_SoMo
アシレーヌ@アシレーヌZ

特性:げきりゅう

実数値(努力値):187(252)-*-100(44)-190(212+)-136-69(‐)
技構成:うたかたのアリア/ムーンフォース/みがわり/どくどく
備考
・232レックのガリョウテンセイ耐え
・カバルドン抜きクチート抜かれ(S個体値25)


ポリクチネクロ、イベルタル入りメタ枠。
ポリゴン2入りに対して投げる駒が少なく、ネクロズマ入りにミミッキュ初手出しするわけにもいかないので採用。
ポリゴン2を突破する性能を持ち、クチートより早く動いて身代わりによるトリルターン調整、もしくは突破を行うことができる。
竜王戦が終わって気づいたのだがこの調整では乱数でじゃれつくを耐えないのでもっとBに厚くするべきであった。

先述したように、伝説枠の中でレックウザが不利を取るイベルタル入りへのメタも兼ねている。
イベルタル入りは、

イベルタル+特殊受けorイベルタル+鋼

で構成されると予想した。このルールにはゲンシグラードンやメガレックウザが存在しているため
水タイプの人権が無いと予想されると予想し、水へのケアが薄くなっていると考えた結果、
鋼、特殊受け、トリル展開すべてを破壊できるかつイベルに強いこのアシレーヌにたどり着いた。

使用感としてはイベル入りに対しては非常に使いやすく、うまく回った。
ポリゴンにもしっかり勝てたので、Sを落としているクチートが少なくなかったが
裏のポケモンのトリルターン制御能力が高く、結果的に何とかなったので良かったと思う。

ただ、使用感から分析すると身代わりは必要だがSを下げる意味はあまり無いと感じた。




Pokémonsprite_778_SoMo
ミミッキュ@ミミッキュZ

特性:ばけのかわ

実数値(努力値):157(212)-141(148+)-119(148)-*(‐)-125-116
技構成:じゃれつく/のろい/どくどく/まもる
備考
・232レックのガリョウテンセイ耐え


レックウザに対しては最強の駒であるミミッキュだが、印レックウザが現れたことで大きく評価を下げてしまった。
そこで、環境トップの印レックウザに対しても確実に役割を遂行するため、

じゃれつく/まもる@2

からスタート。レックウザの通りを良く出来るかつ、守るとのシナジーが強い毒々と呪いが入ってきた。
守るが入ったことで結果的にトリルストッパーとしての性能も向上した。

ミミZの対面性能に加え、ポリゴン等数値受けへの崩し、ミミZを受けに来た鋼やグラードンへの呪いなど、
初手の駒としても非常に高い性能を持っていた。

この毒々や呪いといった技は、レックウザのなげつけると相性が良く、PTにバッチリはまった一匹だった。




Pokémonsprite_630_XY
バルジーナ@オボンのみ

特性:ぼうじん

実数値(努力値):217-*(‐)-167-*-115-106
技構成:ちょうはつ/はねやすめ/イカサマ/とんぼがえり
備考
・クレセリア抜き

ネクロズマメタ枠。
レックウザはネクロズマより遅いので、ネクロズマに後出し出来るバルジーナを採用した。
しかしバルジーナの引き先が居ないことに当日に気づき、結果的にあまり多く出すことはできず、
ネクロズマ入りへの勝率を下げてしまった。

しかし、ここまで鈍足のPTを構築できたのは防塵持ちのこのポケモンのおかげであり、
その点では無くてはならない存在であったと思っている。






基本選出は先述のようにミミカバレック。皮貫通ポケモンがいる場合はミミッキュよりポリゴンを優先して出す。
イベルタル入りにはアシレミミレックが最も感触が良かった。
バルジーナ絡みの選出は研究の余地がある。




【感想】
とにかく展開がダイナミックなのでとても楽しいルールでした!
オフなど開かれたら是非参加したいと思ってます!
スポンサーサイト

【単体考察】個体値の低いゲンガー

100501_043110.jpg

ゲンガー@きあいのタスキ
実数値:127-×-65-182-96-178
個体値:15-×-0-31-31-31
努力値:0-×-0-252-4-252
シャドーボール/ヘドロばくだん
こごえるかぜ/みちづれ

194メガガルーラの炎のパンチ瀕死率100%
111スイクンの熱湯確定3発

ガルーラ対面みちづれを押してガルーラの攻撃を耐えて火傷/凍りで死なないように最低限のDラインを確保しつつガルーラに殺してもらえる個体値が低いゲンガー。素秘密+定数ダメなどの確定数も変わらないので偉いかもしれない。あんまり計算してないけど襷ならこっちのほうが強そうな雰囲気ある。

スカーフサンダー調整案改

追記4/8 今気付いたけどこれA05Vの実数値では?W
追記4/8 努力値の振り分けをめざ氷個体用に変更。D実数値が1下がりました。掲載している確定数の変化はありません。
20160407150933192.gif
サンダー@スカーフ 
特性:せいでんき
技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/熱風/めざ氷
実数値:175-*-115-182-110-144(216)
努力値:76-*-80-164-0-188
()内はスカーフ

HBライン
A146一致鉢巻ブレバ確3
A2↑A146一致珠ブレバステロ込み最高乱数切り耐え
A2↑親子愛A194不意討ち高乱数耐え(瀕死率19%)
A233一致フレドラ確定耐え

Cライン
無降り霊獣ランドをめざ氷で確1
H167メガゲンガーを10万で高乱数2(瀕死率92%)
H157ミトムを10万で高乱数2(瀕死率70%)

HDライン
C222一致催眠祟り目確定耐え
C172一致ハイドロポンプ確定耐え

Sライン
準速スカーフランド抜き

またスカーフサンダーが使いたくなったので環境に合わせて再調整。
マリルリがABにシフトしつつあるのと、耐久アローが落ち着き、火力アローが増え始めたのでCを最低限まで落として耐久を確保した。
従来のCSと違いファイアローの攻撃を色々しっかり耐えるから偉い。
水ロトムはCSサンダーだとハイドロポンプで70%で落ちるから火力は気にならない(?)
せいでんきの方が基本強いが、プレッシャーでも問題ない。

僕の理想HGSS産控えめサンダーを返してくれ20160407160756ef1.jpg

某通話で某氏が某してた某ガルーラ某調整案某某某

201603011324006bd.gif
メガガルーラ@ガルーラナイト
性格 ゆうかん
実数値 209-190-125-80-121-110
努力値 228-220-36-0-4-20

・ひみつのちから
・グロウパンチ
・ふいうち
・こごえるかぜ

HB 一致200逆鱗耐えよりちょっと固い
A 209-130ガルーラを秘密×2での突破率93%以上
S 冷Bスイクン抜き

某氏が某通話で某オフ遠征中に某氏の家から某某某してた凍風ガルーラ。私自身XY時に使用していたのと、某氏が提案したガルーラのS以外の実数値が低すぎて蕁麻疹が出たので出来るだけ数値を高く保てるよう再度調整した。陽気スカガブは抜く必要が無いと考えたのでSに下降補正をかけ、HAベースでの調整となった。

ワンチャンありそうだったけど炎パンチが欲しかったので僕は見送りました。誰か使ってください。

バンギゲンガークレセリア

20160217003009be4.gif20151010212603afd.png488.gif

バンギラス@拘り鉢巻き
追い打ち/馬鹿力/噛み砕く/ストーンエッジ

ゲンガー@ゲンガナイト
ヘドロ爆弾/シャドーボール/トリックルーム/道連れ

クレセリア@ゴツゴツメット
サイコキネシス/冷凍ビーム/トリックルーム/三日月の舞


メガゲンガーにトリックルームという選択肢が加わり本格的にゲンガーの弱点はゲンガーミラー以外に無くなってしまったと感じ、S13で軸として使った相手のゲンガーを倒してゲンガーを通す並び
汎用性はぼちぼち高く、スイクンが明らかに瞑想の並びと、ゲンガーに加えてバンギラスでしか相手出来ないポケモンがもう一匹居る並び以外には積極的に繰り出して行ける。前者は言うまでもなく突破が厳しく、後者はゲンガーとバンギラスが1:1を取られてしまう場合が少なくないためである。

この並びで最も重要なのは試合の流れを意識することであり、基本的には相手の最後のポケモンが出てきた対面でクレセリアが1回行動出来てバンギラスが生存していることを意識して立ち回る。(相手の3匹目がわからない場合とにかく最も対面性能の低いクレセリアがラストに残らないように、対面性能の高いバンギラスが場に出れるようにする)

基本的な動きはクレセリアに負担がかからないよう超高火力アタッカーをゲンガーで処理し、バンギクレセを通していく。
ゲンガーを切るタイミングと相手の裏を見誤るとあっさり負けてしまうため絶対1:1を取りたいポケモンが出てくるまで出来るだけゲンガーは生存させ、場合によってはクレセリアを消費してゲンガーを回復させる。

相手のPTのゲンガーが出てくるときあいだまさえ無ければ非常に処理が容易なので出来るだけガルーラはPTに加えておきたいと感じた。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。